掃除機の動向

はじめに

掃除機の市場はここ数年、出荷台数でやや斬減傾向が見られるものの、年間では500万台前後で安定した需要があります。台数の増減と比較すると出荷金額では前年比でアップしている年も多く、2018年は台数が減少しながらも金額では対前年比でほぼ横ばいになっています。タイプ別構成比では伸長著しい「スティック」タイプと従来から主流の「キャニスター」タイプが、それぞれ約4割と見られていますが、2018年にはスティックタイプの構成比が上回ったようです。

掃除機の年間出荷台数と金額の推移

 

 

※出典元:日本電機工業会(JEMA)

掃除機の月別出荷台数

 

 

※出典元:日本電機工業会(JEMA)

 

 

※出典元:日本電機工業会(JEMA)

より詳しいデータをご希望される場合はお問い合わせください

株式会社クロスには家電業界に精通したコンサルタントが多数所属しています。また、家電業界向けのセミナーを定期的に開催し、家電業界の専門誌「家電Biz」も発行しています。家電業界に関するコンサルティングやデータ提供等も行っておりますので、ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。