ケーズホールディングスの決算動向

ksdenki

はじめに

ケーズデンキは、郊外型店舗を多く持ち、新規出店などにより毎年安定して成長してきています。比較的中部エリアから東は強いですが、西日本エリアには店舗が少ないため、この地域に毎年出店をしていくことで成長が維持されます。既存店舗はスクラップ&ビルド戦略をとっています。老朽化した店舗や、立地の悪くなった店舗をスクラップし、近くに新しい店舗を出店して売上を回復させています。出店の増加とともに売上も拡大し、さらには収益も拡大しています。経常利益は売上対比5%程度になりました。収益の向上は、仕入れ拡大による収益拡大やコスト削減によるもので、とくにローコストオペレーションには昔から定評があります。

売上総利益、売上高総利益率

営業利益、売上高営業利益率

経常利益、売上高経常利益率

 

 

純利益、純利益伸長率

 

 

販管費、売上高販管費率

 

 

広告宣伝費、売上高広告宣伝費率

 

 

給与及び手当、売上高給与及び手当率

 

 

従業員数 (従業員数・平均臨時雇用者数)

 

 

従業員1人当たり売上高

 

 

店舗数

 

 

※基本はRC及び子会社、FC・携帯ショップ等を除く

1店舗当たり売上高

 

 

設備投資額

 

 

より詳しいデータをご希望される場合はお問い合わせください

株式会社クロスには家電業界に精通したコンサルタントが多数所属しています。また、家電業界向けのセミナーを定期的に開催し、家電業界の専門誌「家電Biz」も発行しています。家電業界に関するコンサルティングやデータ提供等も行っておりますので、ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。