デジタルカメラの動向

はじめに

デジタルカメラの過去10年間の出荷台数・金額を見ると激変していることが分かります。2000年代は毎年1,000万台以上の出荷があった市場は、2010年の1,057万台を最後に毎年2桁ダウンが続き、2017年に一度台数増加もありましたが、2018年には約285万台まで縮小しています。このように需要が変化した要因は、カメラ機能も進化しているスマートフォンが急速に市場を拡大させたことに尽きます。その中でも、10年前はタイプ別構成比で10%程度だったデジタル一眼レフなどのレンズ交換式が、2018年には約37%まで拡大し、レンズ交換式の中でも一眼レフよりもミラーレスの構成比が大きくなるといった変化が出ています。

デジタルカメラの年間出荷台数と金額の推移

 

 

※出典元:カメラ映像機器工業会(CIPA)

デジタルカメラの月別出荷台数

 

 

※出典元:カメラ映像機器工業会(CIPA)

 

 

※出典元:カメラ映像機器工業会(CIPA)

より詳しいデータをご希望される場合はお問い合わせください

株式会社クロスには家電業界に精通したコンサルタントが多数所属しています。また、家電業界向けのセミナーを定期的に開催し、家電業界の専門誌「家電Biz」も発行しています。家電業界に関するコンサルティングやデータ提供等も行っておりますので、ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。